無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    戯人楼(吉原界隈にあった遊郭の名称)遊女は全て人形でその道の好みの者の為に造られた店であったという。
    54d00eee江戸時代の生き人形

    また客の好みにより如何様な顔の人形も設え浅草の鸚鵡芸(腹話術)の女芸者が衝立の裏から人形の声を担当して客の応答に答えたという趣向があったと伝え聞く。

    【人形遊女】の続きを読む

    タイ国タトーン郡スリン県にあるタクラーン村で撮影された動画といわれる。




    母親の誕生日に弟がカメラを回してパーティーの様子を撮影していた。カメラを固定して、撮影していたところ、3分前後でオレンジのスカートと白いTシャツを着た女の子がこちらをみながら家族の後ろ走り抜ける様子が映る。




    少女は人とは思えない、異様に長い手と大きな口で笑みを浮かべて走り去る。




    【タクラーン村の少女】の続きを読む

    ・開発者が語る雪見だいふくの都市伝説。


    「雪見だいふく」には「東京に雪が降るとよく売れる」という伝説があります。まさに「冬に売れる」アイスとして、冬期限定で発売することを今でも徹底するため、5~8月は販売を休止しています(※二個入りタイプに限る)。ロッテの場合、その時期には「スイカバー」の方がよく売れますからね。


    【インタビュー】株式会社ロッテ・渡邉和寛さん






    【冬に売れる『雪見だいふく』伝説】の続きを読む

    商品名が「ガリガリ君」なら、それに見合ったキャラクターが欲しいという理由から生まれたのが、イガグリ頭と大きな口が特徴の「ガリガリ君」。“昭和30 年代のガキ大将”をモチーフに社内でデザインしたキャラクターで、中学3年生の設定だった(現在は小学生)。





    初代ガリガリ君

    【ガリガリ君のモデル】の続きを読む

    このページのトップヘ