某製薬会社はインドで牛の葬式を開くという噂。












ヒンドゥー教では牛が神聖視されているため、食肉にされず、寿命をまっとうする牛が他の地域よりも多い。



長生きした牛は、寿命を終える前に屠殺された牛よりも胆石が発達しているため薬の原料としては好ましいのである。



胆石を頂戴するためにお金を出して牛の葬式を行うのである。