生活保護受給者には高齢の一人暮らしの方が多く、人知れずお亡くなりになって市役所の保護課の方に発見されるケースは少なくない。














人間シチューとまではいかないが、寒さのきつい北海道では冬季の外気温と湯船の温度差で心臓麻痺を起し、湯船の中で腐乱状態で発見される事例は実際にある。



最も多いのは布団の中で見つかるケースで、病気を患っているが諸事情で入院できず、自宅の布団で病死した状態で発見されている。



生活保護の現場は死と関わりが深く、老人の孤独死に纏わる怪談が自然と発生してくる。その一つに、遺体発見現場で見つかる不思議な水の話がある。





・・・・




高齢受給者の様子を見るということで、生活保護課の方がとあるご老人のお宅を訪問した。

「ピンポーン」

呼び鈴を押すが応答が無い。



もしや・・・と思い管理人さんを呼んでドアを開けてもらうと、死体特有の臭いが部屋中を立ち込めていた。



管理人と一緒に部屋に入ると、布団に入った状態で受給者が亡くなっていた。



受給者が孤独死した場合、特殊清掃業者に依頼して原状回復した後に次の受給者へと部屋が貸し出される。その清掃業者から「床を剥がす必要があるで許可が欲しい」という連絡があった。




業者の話はこうだ。

普通は考え難いことだが、外傷も無い仏さんの体からかなり多くの水が染み出していて、布団が敷いてある床に人形(ひとがた)の水シミが出来ていた。

床板を剥がすと張替えのための費用が別途掛かってくるので、その許可が欲しいということであった。






次の入居予定者が決まっていたので、市役所側は床を剥がすことを承諾した。そして、床はきれいに張替えられて、別の生活保護受給者へと部屋が貸し出された。



数週間後、生活保護課に例の部屋の入居者から電話があった。

「床の底から私を呼ぶ声がするんですけど、何とかしてくれませんか」という恐ろし気な苦情であった。



そして「この部屋で以前、何か無かったか?」とか「あっちの世界に引っ張られそうな気がする」と言うことをしきりに訴えていた。



担当者は部屋であった奇妙な事件(死体から水が染み出していた事)のことを知っていたが、受給者はアルコール中毒を患っており幻聴とも考えられたので、

「おそらく気のせいですから大丈夫ですよ」となだめて特に事件のことは言わなかった。



それ以後、受給者からの苦情の電話は無くなり、やはり気のせいであったかと安堵していたのも束の間、例の部屋の受給者が布団の中で亡くなっていたという報告が別の担当者より伝えられた。



その受給者、亡骸から水こそ染み出していなかったが、不可解なことに死因は窒息で、まるで水に溺れたかのようにもがき苦しむような死に姿であったそうだ。



遺体から染み出した水と受給者の死の間に関係があるかは分からないが、何かあってはいけないのでその部屋には入居させず現在は空きとなっている。