ビジネス街でのこと。



黒人の青年がマンホールの上でとても楽しそうに跳ねている。















そして「9、9、9・・・・」と、9という数字を繰り返して叫んでいる。



それを見た白人のビジネスマンが青年に尋ねる。

「なにをしているんだ?」



「9、9、9!・・・・」

問いを無視してただ楽しそうに跳ねている。



あまりに楽しそうなのと、無視されたのが癪にさわり、黒人青年を突き飛ばして今度は自分がマンホールの上で飛び跳ねてみた。



マンホールを踏みつけて垂直にジャンプした瞬間、青年がマンホールのフタを素早くずらした。すると白人ビジネスマンは叫び声をあげながら穴の中に消えていった。



そして黒人青年は

「10!、10!、10!・・・」と、楽しそうにマンホールの上で跳ね始めたのだった。




ルのフタを素早くずらした。すると白人ビジネスマンは叫び声をあげながら穴の中に消えていった。



そして黒人青年は

「10!、10!、10!・・・」と、楽しそうにマンホールの上で跳ね始めたのだった。