ある女性が沖縄へと一人旅に出た。



梅雨前の沖縄は日差しもさほど強くなくとても過ごしやすい。女性は自由気ままに旅行したいと思い
、特にプランは立てず行き先はタクシー運転手に任せることにした。









タクシーを利用するのは運転手さんにお勧めの観光スポットや穴場を教えてもらうという狙いがあって、やはり地元人は観光ブックに載らないような面白い場所を知っている。





その日も運転手さんオススメの観光スポットに行くためにタクシーに乗車していた。





道中暇なので、女性は何気なく「なにか面白い話はありますか?」と運転手さんに尋ねた。





すると運転手さんは「ありますよ」と、沖縄の海に纏わる不思議な話を語ってくれた・・・・・・・







運転手さんの趣味はスキューバダイビングで、休日は沖縄のきれいな海に潜るのを楽しみにしている。





そんな運転手さんが1年に一度だけ行く秘密の場所があって、そこには人魚が住んでいると言う。



人魚というのは童話や伝説に登場し、上半身は人間で下半身は魚というあの人魚である。





スキューバダイビング中に偶然見つけたその秘密の海域には二人の人魚が住んでいると言うのだ。





人魚が住むのは無論海の中なので、酸素ボンベを背負って行くのかと思いきや、潜水装備は一切付けない。海に潜るのに、ダイビング器材を装備する必要がないのだ。





不思議なことにその海域では水中であるにも関わらず、地上と同様に呼吸ができるという。






運転手さんはその不思議な海域で二人の人魚と1日中戯れる。





運転手さんの話からすると、どうやら人魚は人語を理解し話せるらしく、二人というからどうも男女の人魚らしい。





水中で呼吸ができる不思議な海域で1日中遊んで、さて地上に帰ろうという際には必ず人魚達からお土産を持っていくように勧められるという。





しかし、人魚からお土産をもらった者に良いことが起こることはあまりなく、むしろ悪いことが起こると聞いているので、お土産は受け取らず地上に帰って来るという話だ。





・・・・ここまで話を聞いた女性は運転手さんの冗談だと思い、からかわないで下さい笑った。しかし、運転手さんは断じてふざけてなどはなく、本当の話だと繰り返し主張した。



では、その場所はどこかと運転手さんに尋ねたところ、それは絶対に教えられないと言うのだ。





人魚の詳細な容姿やなぜ年に一度しか会いに行かないのか?など多くの謎は残るが、運転手さんの表情や口調はどうも
嘘をついているとは思えなかった。



沖縄の海に棲むジュゴンは人魚と混同されて来たことから、運転手さんはジュゴンのことを人魚と言い換えているのか、とも考えたが本当のところは分からない。





沖縄には助けた人魚に津波が来ることを教えられる等の伝説が数多く残っており、もしかしたら人魚は伝説の中だけの存在ではないのかも知れない。








追記:人魚は実在?人魚に会える洞窟は西表島?



「人魚というのは、ザン(ジュゴン)のことですか」

私は案内役の島(新城島/八重山)の総代にきいてみた。


「いや、本当の人魚は別にいます」

と、総代は平気な顔でこたえた。


「本当の人魚を、見たことがあるんですか」


「あります。西表島の南風見(はいみ)の海岸の岩穴には、今でも本当の人魚が棲んでいます。」


「で、どんな格好をしているんですか」


「黒い髪をたれて、乳房があって、そっくり人間の女と同じです」


「ほう、どうしてそれを捕獲しないのですか」


「とんでもございません。人魚を捕らえたものは七代まで祟られるというから、誰も怖くて手をつけるものはいません」


「それは、本当の話ですか」


「本当ですとも。嘘だと思ったら南風見の海岸に行ってごらんなさい。薄暗い珊瑚礁の岩穴に、子どもを抱いてお乳を飲ましていますよ。私達が近づくと、ぎょろっと睨みつけるので、怖くてよりつけません。」


この対話のように、人魚とは儒艮(ジュゴン)なりという学説を裏切って、人魚は別にいるという話は、一体どこまでがほんとうであろうか。


(伊波南哲著「沖縄風土記」/未来社)より