メンソールのタバコには生殖機能を低下させる成分が含まれていて、吸い続けるとインポテンツになると云われる。












メンソールタバコとインポテンツについて、色々な都市伝説が囁かれている。





・KKK団の陰謀説

黒人人口の減少を策略するKKK団の陰謀とする説。



メンソールのタバコは黒人が好んで吸うことで知られており、黒人の人口増加を抑える目的でインポになる成分を添加しているという話。



そしてメンソールタバコを製造するメーカーも、白人至上主義者が運営しているともいわれる。







・性犯罪の抑制


戦地や占領地で従軍する兵士にメンソールのタバコが配給されるのは、兵士によるレイプなどの性犯罪を抑止する目的があるという。





兵士の性犯罪の防止のために配給タバコには生殖機能を低下させて、性欲を抑える成分が添加されている。添加成分の匂いを隠すためにメンソールの香りが使われているという。







・輸入物(インポート)説

外国物のイメージが強いメンソールのタバコは、“輸入の”という意味合いのインポートタバコと呼ばれていて、それがインポになるタバコという風に誤解されたという話。









実際にメンソールを吸い過ぎるとインポになり易いという説を唱える学者も居て、強いメンソールの刺激に慣れてしまうと性的な刺激にも慣れが生じ、いざという時に勃起し辛くなるということだ。