自販機を見ることでその地域の治安が分かる。


















自販機のラインナップには住人の消費傾向が反映される。



失業率と犯罪発生率が高い地域の自販機には特徴があり、U〇Cロング缶、M〇Xコーヒーの比率が高い。



苛酷な肉体労働に従事する者は砂糖が多く使われた飲食物を好む傾向があって、漁業などの一次産業で栄えた地域では今でも砂糖甘い味付けや砂糖たっぷり系のお菓子が根付いている。






職を求めて日雇い労働者が多く集まる地域では甘みが強い缶コーヒーがよく売れる。そして、失業者が多い地域では犯罪発生率が高い傾向にある。





自販機の値段設定が100円以下と異常に安く、コンビニでは見かけないマイナー商品の販売比率が高い場合にも注意が必要で、寿町やあいりんといったドヤ街では70~50円の自販機が多く存在し、貧困度合いのバロメーターとなっている。







また、過疎でもないのに極端に自販機の数が少ない地域も点在しており、飲料メーカー設置の自販機は皆無に等しく、個人商店が設置している物がチラホラある程度。



そのような地域では諸々のトラブルを嫌って飲料メーカーが自販機の設置を避けていると解釈することができる。



辺鄙な山奥にも自販機が設置されているこのご時世で、市街地に自販機が設置されていないことは何かしらの問題を抱えている場合が多い。