領有権を巡る日中の緊張が高まっている尖閣諸島について、中国が行っているという国際世論の誘導工作についての噂。






その工作とは、「尖閣我が国の領土」という意味の中国語が彫られた石を尖閣諸島周辺の海域に多数ばら撒くことである。





数百年後、その石が尖閣諸島の海底から一つでも見つかれば、領有権を主張するための歴史的資料となると考えているようだ。



効果の程はさておき、国際世論の誘導のために数百年という長いスケールで工作を行う執念は日本政府も見習必要があるのかも知れない。








より大きな地図で 実は都市伝説マップ を表示