真偽の程は定かではない、食べ物に纏わる都市伝説。








1.緑のM&M'Sチョコレートには催淫効果がある。







アメリカで語られている都市伝説で、緑のM&Msを食べると性欲が増進されてムラムラくるとのこと。



「木曜日に緑色の服を着る奴は欲情している」と古い世代のアメリカ人はよく言ったそうで、緑は愛欲や性欲をあおる色というイメージが持たれている。このため、緑のM&Msも
催淫効果があるとイメージされているようだ。



販売元のマース社はこの噂を逆手に取って、擬人化された
M&Msで唯一の女性であるMs.Greenを生み出して拡販キャンペーンに利用している。CMでのMs.Greenは噂にぴったりのセクシーキャラクターを演じている。













2.マウンテンデューを飲むと精子の数が減少する。






アメリカではマウンテンデューの他、様々な清涼飲料に「黄色5号」という着色料が使われており、これが人体に有害であるということで使用禁止を求める運動も起こっている(日本のマウンテンデューは黄色4号を使用か?)。そして、一昔前は、黄色5号が男性器や睾丸の縮小作用があると信じられていた。



この黄色5号が飲むと精子が減少するという噂の発生源と考えられている。








また、アメリカではマウンテンデューを含む清涼飲料水に臭素化植物油なる添加物が使用されており、最近ではこの化学物質が環境ホルモンとして作用する疑いが持たれている(日本では使用禁止となっている)。

臭素化植物油が環境ホルモンとして作用するならば、精子減少の噂も真実と言える。



また、炭酸飲料の中でもカフェインの含有量が多いことでも知られており、飲んだ時の刺激の強さと相まって、インポテンツになるという都市伝説もある。












3.コーヒー牛乳を飲むと男性器が大きくなる。





コーヒー牛乳として親しまれてきたが法改正により「牛乳」という文言が使えなくなったことで、先日改名した雪印コーヒー。



これを飲み続けると男性器のサイズが大きくなるというのだ。





パッケージの表示には「原材料名:砂糖・異性化液糖、乳製品、コーヒー、ココナッツオイル、食塩、香料、カラメル色素」とある。


ココナッツオイルに巨大化作用の秘密があるのだろうか。











4.キャベツを食べると巨乳になる






タレントの平山あやさんがテレビで語り、有名になった都市伝説。



平山さんがキャベツに凝っていた時期に、1日一玉食べるという日々を半年間送った。その結果、バストサイズが大きくなり、5cmほどアップしたという。



女性ホルモンを活性化する、もしくは同じ働きをする成分がキャベツには含まれているようで、大豆と並んでバストアップに良い食品として女性誌等でとり上げられることが多い。