〇〇県の伝説です。



夏の大会の前に〇〇〇高校野球部のレギュラーの一人が急病で亡くなってしまい、部員のみんなはとても悲しみました…




その野球部では亡くなった〇〇も一緒に試合に出ようと言うみんなの思いが一つになって奇跡が起きたそうです。






これまで試合に勝てなかった野球部が大逆転の連続で決勝まで行った話は地元では有名です。







試合終了間際の異常な逆転劇で勝利する当時の試合スコアにクビをかしげた人も多かったそうです。



聞いた話では準決勝の最終回、大量リードされてもう勝てるはずないと誰もがあきらめた時、またもや大逆転が起きた。



そして逆転劇の最中、野球場に持ちこまれた亡くなった部員の写真がものすごい音を立てて割れてしまったそうです…



そして選手たちは試合中にも関わらず、涙を流しながら『
今までありがとう』とみんな泣いたそうです。





天国に行く寸前までさいごのチカラを振り絞ったことに、グランドからは大きな拍手が湧いたそうです。



度重なる逆転劇は球児達の頑張りの結果ですが、亡くなった部員がみんなの力を引き出したのかも知れません。