ある小学校での給食の時間。突然、校内放送用のスピーカーから大音量が流れ出した。



「ウォーンウォーン」というサイレンの様な音に混じって、子供の悲鳴が聞こえて来る。







「助けてー!!」「お母さん!!」「熱いよー!!!」



耳が痛くなる程の大きな音であった。




そして、男児の「死にたくないよー!!!」
の叫び声を最後に、放送はぷつりと途切れてしまった。





教師が放送室を確認すると、鍵が掛かっており誰も入った形跡はない。





放送が流れた日はちょうど小学校が空襲された日で、数十年前の今日、グランドに設けられた防空壕に焼夷弾が落ちて多くの生徒が亡くなったそうだ。





その小学校は煙突が高く伸びている変わった構造をしているため、戦時中は工場と誤認されて空襲されたということだ。





あの放送は時を越えて、空襲中の音声が流れたものなのかも知れない。