1988年に天空の城ラ○ュタのパロディ「バルテュス・ティアの輝き」と言うタイトルの18禁アニメビデオが発売された。

0100070014893

世界観も登場人物も天空の城ラ○ュタを連想させる代物で、何と宮○駿監督そっくりなキャラまで登場する。

内容も当然18禁アニメなので性描写に重点が置かれている。


一見すると、版権トラブルの有無に関わらず人気作品が辿る悲しい運命、必ず出てくるパロディ作品の一つであるが、バルテュス・ティアの輝きの場合は事情が違っていた。


制作スタッフの中にスタジオジ○リの天空の城ラ○ュタの制作スタッフが数名含まれていたのである。
aaaaaa


当然だが、すぐに宮○駿監督にバレてしまい、激怒されたスタッフ達はスタジオジ○リを解雇されてしまった。
しかしバルテュス・ティアの輝きは大人の事情を免れており、現在も入手可能である。



aaaa

「愛液を口に運ばれるヒロイン」バルテュス・ティアの輝きとは愛液の輝きを指しているらしい





宮〇監督?



wiki情報

1980年代にアダルトビデオメーカーとして知られた宇宙企画が『リヨン伝説フレア』に続いて製作した、アダルトアニメ第2作である。


『リヨン伝説フレア』からの続投となる高田由美をはじめ何人もの有名声優が実名で参加したことで知られる一方、スタジオジブリ作品『天空の城ラピュタ』に似通った絵柄や設定でも知られる。

実際、スタジオジブリのスタッフが数人参加したとも噂されており、井坂十蔵の著書には「(ジブリが)参加したスタッフを『切った』とも伝えられる」との記述がある。


動画(注意:外部リンク R-18につき自己責任で視聴下さい)