私が小学生の時、実際体験した話。

当時ソン○コン○という音楽雑誌で文通相手を募集し、文通するという事が流行っていた。





私も募集応募し、次の月に掲載された。

全国各地から手紙が届いたが3件、同じ封筒、同じ便箋、同じ色のボールペンの文字で書かれた手紙が届いた。


最初は何気なく文通していたが、ある時3人のうち、ひとりが「自分は今大○拘置所にいる。」と打ち明けた。


なんと場所は違えど、拘置所にいる人と文通をしていたらしい。
手紙を読み返すとどれも便箋の端に「検」のスタンプが押されていた。


すぐに3人との文通をやめてしまったが犯罪者かもしれない人と(無実だ、と綴ってあったが。)手紙のやりとりをしていた、と思うと少し寒気がする。