「医者に行くと、二二〇以上で異常だといってコレステロール降下薬を飲まされる。すると、まずいことに鬱になるんですね。非常に多弁だった人が無口に なったりする。











そういう人が電車に飛び込むんだという話をしていたら、実際に帝京大学の精神科の先生とJR東日本が協力して、JR中央線で自殺した人を調 べたんです。



その結果、九割が五十五〜六十歳で、ほとんどが男だった。それが見事に全員、コレステロール降下薬を飲んでいたという。

コレステロール降下薬の年間売り上げは三千〜四千億円ともいわれている。その七割は女性が飲まされている。



女性は閉経後に必ずコレステロールが上がるからです。もしコレステロール降下薬を処方されても、安易に従わず、捨ててしまうようお勤めします。」





コレステロールは強い血管作りに必要で、性機能や内蔵の働きを調節するホルモンの原料ともなります。脳内物質の生成にも関与しているのでコレステロール値が高いからと言って、薬で無暗に下げてしまうと鬱を引き起こすというのです。





コレステロールが高いと問題が起こるのは
虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)を起こしたこのある中年男性で、一般的に言われているように高コレステロール状態では再発リスクが高まります。



しかし、高コレステロール値の女性が降下薬を飲んでも、
虚血性心疾患のリスクは減らないと言うデータがあるようです。





そもそもコレステロールと
虚血性心疾患リスクに関する臨床データは白人男性に関するものであり、日本人については医学的データが不十分とも言われていおります。







製薬会社の利益のために、製薬会社と息のかかった医者が共謀して信頼性の低い怪しい論文を書き、高コレステロール=悪という図式が作られているとも言われます。





果たしてコレステロール降下薬を女性に処方する意味、そして薬と自殺・鬱との間に関係はあるのでしょうか?














慈恵医大/データ捏造事件認める ノバルティスの高血圧降圧剤ディオバン