国道沿いにある、とある食肉センター(屠殺場)では深夜死んだ動物のひづめの音や断末魔が響き渡るという。











そこは近代的な設備を備え、一連の作業は機械化されている。まず電気ショックを与え家畜(そこでは主に豚)を気絶させる。





そのときの豚の鳴き声が悲痛で、「ピッギー!」と苦しみの声を上げる。そして解体の機械の方へ流れていく。





工場が作業を終え、静まりかえった深夜になると屠殺された家畜の鳴き声や、固い床を歩きまわるヒズメの音が聞こえる。





コツコツコツ・・・・