中学校の水泳の授業中に、女子生徒36人が一斉に溺死するという痛ましい事件が起こった。



 1955年7月28日、三重県津市の中河原海岸でのことである。







中河原海岸:wiki橋北中学校水難事件より













[事故当日の経緯]



事件が起こった7月28日は、10日間ある水泳訓練の最終日で、水泳テストが行われる日であった。



 



泳いだ距離によって評価が決まるので、泳ぎが得意ではなかった女子の多くは、少しでも長く泳げるように水深がある沖側の遊泳区へと集まって待機していた。





中河原海岸は遠浅の海だったので、水深が浅く、泳ぎにくい岸寄りを避けての行動であった。



 



そして、多くの女子生徒が一斉に溺れ始めたのは、海に入って数分後のことであった。



 



その日の海はいつもとは違う潮の流れが生じており、授業の前準備に協力した水泳部員の生徒は異変に気づいて教師に報告していた。



 



水泳訓練では渚を南北に区分して、南側を男子、校舎に近い北側を女子の訓練場所としていた。





女子の水泳区では南から北へと向かう異常な流れが生じたことで、女子生徒の多くは体の自由を奪われたものと考えられている。



 



 教師の他、海水浴客や水泳部員などの協力によって懸命な救助活動が行われたが、女子生徒36名が亡くなるという大惨事となってしまった。



 



なお男子の水泳区域では異常な潮の流れは殆ど感じられず、女子が泳ぐ区域で局所的に異常な海流が起こった模様であった。



 



 



----------------------------------------



 



 



この水難事件は中河原海岸にまつわる因縁話と関連付けられています。



 



当時の新聞記事には“海の底からたくさんの女の人が引っ張りに来た”という女子生徒の証言が記述されました。



地元では“水難事故のちょうど10年前の空襲で亡くなった無縁仏は中河原海岸に埋葬された。埋葬場所は水難事故現場の近辺だった”・・・・・といった怖い噂が事故当時から語られていました。



 



女性週刊誌に載った女子生徒の体験談では、生徒達が次々と溺れだした時に、防空頭巾にもんぺ姿の何十人もの女がこちらの方に泳いで来るのが見えたと言います。





そして、女子生徒は防空頭巾の女に凄い力で足を引っ張られ、水中へと引き込まれてしまったそうです。



 



恐怖談を語った女子生徒は一命を取り留めましたが、入院先の病院で亡霊の姿にうなされた続けたそうです。



 



もんぺに防空頭巾姿の亡霊は溺れる恐怖から見た幻覚という説明もされていますが、単なる偶然とは片付けられない、水難事故と中河原海岸の因縁を繋ぐ不思議な一致があります。



 



空襲で亡くなった方で、身元不明者の遺体は中河原海岸に一次的に埋葬されたそうですが、その身元不明者の遺体は36体だったそうです。





身元不明者の遺体は36体いう数字は奇しくも10年後に起こる水難事故の死者数と一致していたのです。









このエントリーをはてなブックマークに追加