深夜労働を伴う交代勤務は生活リズムが崩れがちで、重大な病気に罹るリスクが高いと言われている。



心への負担も大きく、精神疾患の発症率や自殺率も日中勤務者と比較して高いことが指摘されている。





交代勤務がある公務員と言えば消防士が代表例として挙げられ、どんな仕事でも言える話ではあるが、仕事内容や勤務形態が合わず精神を病む消防士は毎年一定数出てくる。





精神を病んだ消防士はなぜか自宅に放火するケースが多いと言う。













[夫が消防士のある家庭の話]





深夜、屋外からの物音と焦げくさい臭いで目を覚ました妻。





火事かと思い「あなた起きて!!」と、隣で寝ているはずの夫に声を掛けたが返事がない。





窓越しにそっと外を覗くとパジャマ姿の夫が居り、壁にもたれながれライターで家の壁に火を付けようとしていたのだった。





泣き叫びながら「あなた何をやっているの!?」と夫にしがみ付くと、我に返った夫は自分のした行為を理解して泣き崩れた。







夜が明けて夫を病院に連れて行くと、長期の休養が必要なこと、そして場合によっては転職をした方が良いという旨を医者から言われた。







聞くと夫はずっと我慢していたが今の仕事(消防士)は合っていないと感じていたらしく、精神的にかなり辛かったということだった。







夫婦で話し合った結果、退職届を出して治療に専念することにしたのだった。











[補足]

消防士でなくとも自宅に放火してしまう事件は起きており、消火という仕事柄ゆえに稀なケースが誇張されて伝わっている可能性があり、噂の域は出ません。





消火と放火に因果関係があるのか?真偽のほどは定かではありませんが

「あいつ頭がおかしくなって、自分の家に放火して消防辞めちまったんだよ。」



退職理由の真相として自宅放火の話が語られることはあるそうです。