トイレに行くのが面倒だからという理由で、自室で小便を済ませてしまう人間が少なからず居る。





そういった人々は、ネットゲームにハマっている訳でもないがペットボトルに小便をして部屋に貯め込んだり、窓から放尿するなどして、自室で小便を済ませてしまうのである。



ときに花瓶にして窓から捨てたり猫砂にするケースもある。






噂の域を出ないが、日常的に部屋で小便をしている人は10年以内に何らかの精神疾患を患う可能性が高いという話がある。











と云うのも、周囲の環境に馴染めなかったり、人間関係が上手くいかなくて、深い挫折を味わった時期と部屋で小便をする習慣が始まった時期は被る場合が多いらしい。







部屋で小便をするようになってから心が病んだのか、病んだから部屋で小便をするようになったのかは分からないが、心の病と部屋での小便は関係が深いらしい。





もちろん、学校や職場で上手くやっていて心身ともに健康だが、極度に物臭なためトイレに行かないという変わり者も居るので一概には言えないのだが。





ではトイレに行かず部屋で小便するのは、どういった心理に因るものなのだろうか?





幼児期のトイレ・トレーニングは社会性を身に付ける第一歩であるが、部屋での小便はこれと逆行する行動。



つまり社会からの離脱、周囲と馴染むことを放棄し、精神的満足を自分の内に求める幼児退行をしていることを意味しているという。





精神疾患の典型症状として挙げられる幼児退行。幼児退行の最たる例が、部屋での小便なのだという。





特別な理由なしに何気なく部屋で用便をしている人はご注意を。





関連記事:現実の直視