イスラームに批判的な内容が記された、イギリスの作家サルマーン・ルシュディーの小説「The Satanic Verses」。



内容がイスラームに対して侮辱的であるという理由で、イランの最高指導者は小説の著者及び発行に関わった者に対して死刑宣告を言い渡した。





この死刑宣告によって、世界各国で小説の翻訳者が暗殺の標的となる事態となった。






日本では『悪魔の詩』として翻訳並びに出版にあたった筑波大助教授が惨殺される事件が起こったが、その殺人事件についての噂である。





事件現場となったエレベーターホール











翻訳者の筑波大助教授が出版から一年後の1991年7月、大学のエレベーターホールで惨殺された状態で発見される。





助教授は自分の命が狙われていることを察知していたようで、日本語とフランス語で書かれた四行詩の中に“階段の裏で殺される”という表現が残されていた。メモが書かれたのは殺害される数週間前であった。





殺害場面を誰が見て居たという訳ではないが、暗殺者とエレベーターホールで対峙した時に「あなたですか」と助教授は言ったという話が伝わっている。





この話が本当ならば、誰が暗殺に来るかの予想が立っていたということだろう。








そしてこの噂に派生して、助教授が殺害されたエレベーターホールでは「あなたですか」と誰もいない空間から声が聞こえるという怪談が囁かれるようになった。





もしも、「はい」と答えてしまうとあの世へと連れて行かれるそうだ。