2014年2月4日ソチ五輪の開会式での出来事。





雪の結晶を模したオブジェクトが、徐々に形を変えて五輪となるはずの演出が、一つだけオブジェクトが開かずに四輪となってしまった。





これはアメリカを侮蔑するために初めから仕組まれていた、と推測する陰謀論がある。







五輪マークのそれぞれのリングは5大陸を表しており、伝統的に一番右端の赤いリングはアメリカ大陸を象徴すると信じられている。






この認識は公式には認められていないが、五輪マークをデザインした近代オリンピックの父ことピエール・ド・クーベルタンは五大陸を象徴するマークとして考案したという。





アメリカのオバマ大統領が開会式に欠席すると発表した時点から、一番右端のリングは開かないことが定まっていたとされる。









[実はアウディ社の広告?]

開会式の演出が四輪になったのは実はアウディ社の広告であった、とする見方もある。





ほとんどジョークの世界であるが、「アウディ社はロシアにいくら払ったのか?」とこの失敗を皮肉る発言やパロディ広告が出回った。













パロディ広告のキャッチコピーは“When four rings is all you need”:四輪で十分