『Animal hoarding』と呼ばれる、劣悪な環境でペットを大量飼育する動物虐待が問題となっている。





一軒家を借りてネコを溜め込んだケース。お世話は夕方に餌をあげるだけで、床は糞便で汚れていた。





自宅に何十から何百匹もの犬や猫を飼育するが、飼い主はお世話を放棄して不衛生な環境や劣悪な栄養状態によりペットを死に追いやる動物虐待である。





このケースでは、飼い主は『ペットを愛しており、何も悪いことはしていない』と主張し、虐待の自覚がないことが大きな特徴である。動物の鳴き声や強烈な異臭により近隣住民が通報することで発覚する。





ペットの抱え込みもしくは買い溜めと呼ばれるこのケースは、老若男女問わずみられるが、社会的に孤立している中年に多いとされる。





抱え込みの心理は十分に解明されていないが、孤独や鬱蒼とした気持ちを和らげるために強迫観念的にペットとの絆を求めた結果とも言われる。









およそ100匹のウサギを飼育したケース。ウサギの寝床下から何体もの死体が見つかった。







抱え込みを行っている飼い主は純粋に動物を愛し、実際ペットの飼育を始めた頃はよくお世話をしている。





動物とのふれあいで孤独な心が満たされるのを感じていたが、いつしかそれが強迫観念的にペットの収集へと向かう。ペットの飼育が孤独を埋める手段となり、心が満たされない時にペットの収集に走ってしまうという。







ペットの抱え込みはある種の精神疾患とも言え、危険とされるボーダーラインは下記の通り

・社会的に孤立し、飼育している動物の数が10を超える

・悪臭漂う環境でペットを飼育している

・瀕死の動物もしくは動物の死体と生活している









都市伝説:[実験動物にNo!!というならリツイート]



”動物実験にNoと言うならTwitterでこの画像を拡散しましょう”という触れ込みで、世界中でこの画像が出回った。





画像は動物実験のように見えるが、実はペットの抱え込みから救出されたネコ達が獣医学生のボランティアにより去勢手術が行われている様子。





去勢手術が施されたネコ達は、里親に引き取られていった。













552匹の犬と生活をしていた女性の事例