火葬で焼きあがった遺骨に色が付いているケースがある。色は緑が多いが、ピンクや青に染まっていることも。



着色について薬の服用や金属の蓄積の結果とする説明が多いが、はっきりとした原因は分かっていない。





[2006年12月27日読売新聞環境ルネサンス]


関東地方の市立火葬場。火葬中を示す炉の赤ランプが消え、ひつぎの載っていた台を、背広姿の職員が引き出した。



灰に交ざった頭骨の内側の一部と、大腿(だいたい)骨の端が、うっすら緑色に染まっている。施設長の男性職員(55)は「全体が濃い緑色をした骨も、時々目にします」と言う。













火葬された骨が緑、ピンクなどの色に染まるのはなぜか。関西医大教授(法医学)の赤根敦さん(46)はそう聞かれたことが数回ある。その都度、「リューマチなどの治療に使われる抗生剤により、骨が青く変色することがある。その色が火葬後も残るかどうかはわからないが」と説明した。





関東火葬施設事業協同組合発行の「近代英国火葬史」(1981年刊)は、英国での四つの講演録を収めた。「火葬骨灰に生ずる色の意味するもの」という題の講演録は、人骨中の金属の影響を示唆している。



「緑色は(火葬)件数の1%に発生して、鉄または銅によるものと思われる。ピンク色は件数の15ないし20%に生じ、銅によるものである」「鉄、銅などはすべて通常の骨に見いだされる」。鉄や銅は食物を通して体内に入るほか、金属を扱う工場で働く人が作業中に取り込むこともある。



(2006年12月27日読売新聞環境ルネサンスより引用)







抗がん剤を投与されていた故人のお骨は緑色をしているケースが多いらしく、闘病で頑張った印とも言える。