無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    2013年09月



    農作物はブランド化されると価格が一気に上がる。コシヒカリも魚沼という文字が付くだけで値が高くなる。



    最近ニセブランドや肉の虚偽表示が問題となっているが、農作物の分野でも意外と多い。



    その一例として○嬬恋高原キャベツがあげられる。







    【○恋キャベツの怪しい話】の続きを読む

    「運動会で弁当を盗まれる事件が相次いでいるらしい」。



    こんな情報が9-10月にかけて、鹿児島市の小、中学校の保護者に駆け巡った。

    一部の学校は、プリントや校内放送で盗難防止を呼び掛けた。



    Shiro Lunch Box



    【相次いでいる?運動会での弁当窃盗事件[鹿児島]】の続きを読む

    琉球王府統治時代の与那国島では、島民達は重い人頭税に悩まされていた。



    納税義務は15~50歳までの男女で、その取立ては大変厳しく、納めることができない場合には家族を殺してその責任を取ったとも言われる。



    当時としては珍しく女性にも納税義務を課し、布を上納させており、上納全体に対する割合は米よりも布の方が多く、納税をより過酷なものにさせていた。





    人舛田(トゥングダ)跡地

    【与那国島:「久部良割(クラブバリ)」「人舛田(トゥングダ)」の伝説が残る】の続きを読む

    神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹町の岬で、積丹半島から日本海に突き出している。



    この付近は古くから海上交通の難所として知られ、女人禁制の岬としても知られる。





    女人禁制の門

    【女人禁制の地・神威岬の呪い(北海道積丹)】の続きを読む



    周囲約7km、面積は約0.7平方キロメートルを持ち、外海から隔てられた的矢湾深部に渡鹿島はある。



    1977年に売春斡旋者が逮捕され、家出少女などの売春婦が保護されるという事件があり、それを元ネタに多くの売春伝説が語られている





    【渡鹿島(売春島)沖の遊女の霊】の続きを読む

    このページのトップヘ