無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    2013年09月

    琉球王府統治時代の与那国島では、島民達は重い人頭税に悩まされていた。



    納税義務は15~50歳までの男女で、その取立ては大変厳しく、納めることができない場合には家族を殺してその責任を取ったとも言われる。



    当時としては珍しく女性にも納税義務を課し、布を上納させており、上納全体に対する割合は米よりも布の方が多く、納税をより過酷なものにさせていた。





    人舛田(トゥングダ)跡地

    【与那国島:「久部良割(クラブバリ)」「人舛田(トゥングダ)」の伝説が残る】の続きを読む

    このページのトップヘ