深夜労働を伴う交代勤務は生活リズムが崩れがちで、重大な病気に罹るリスクが高いと言われている。



心への負担も大きく、精神疾患の発症率や自殺率も日中勤務者と比較して高いことが指摘されている。





交代勤務がある公務員と言えば消防士が代表例として挙げられ、どんな仕事でも言える話ではあるが、仕事内容や勤務形態が合わず精神を病む消防士は毎年一定数出てくる。





精神を病んだ消防士はなぜか自宅に放火するケースが多いと言う。





【消防士の自宅放火 -火にまつわる精神疾患-】の続きを読む