無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:怪異都市伝説



    題:「霊が見える?」 

    京都府 山崎明子 団体職員 38歳
    先日、高校時代の友達7人で集まりました。
    毎年集まってます。結婚し子育て真っ最中の人や、離婚した人、独身の人など人生さまざまです。
    驚いたのは、いきなり霊の話題になったことでした。



    Shrine


    【霊が見えるこども ー赤旗新聞の投稿記事?ー】の続きを読む



    神奈川県の観光名所に程近い某駅で、男の子を連れた若い母親が突如声を掛けられた。



    「ちょっといいですか?」

    声を掛けて来たのは人の良さそうな中年女性である。





    母親のなんですか?という問いに

    「あなたの首に、顔が半分無い男の霊が憑いているのが見えたもので・・・・」





    【顔が半分無い霊】の続きを読む





    ある会社員(男性)が北関東の某都市に転勤を命じられ、東京からつい先日越して来た。





    東京ではワンルームの小狭いアパートに暮らしていたが、地方の家賃相場は格段に安い。





    都内で生活していた時とほぼ同等の家賃で憧れを抱いていたお洒落なデザイナーズマンションに入居することができた。セパレートの風呂にオートロック、収納も多くてロフトも付いている。









    【ロフトの怪 ~心霊現象により女子が陰部丸出しで】の続きを読む

    生前に蛙を酷い殺し方をした事はないでしょうか?

    無害な虫を踏みつぶしたり、生き物を痛めつけたり、
    人を殴ったり、弱い者をイジメて愉しんだことはないでしょうか?

    生前の悪行は死後、苦痛を与えた生き物達と同じ苦しみとして自
    身に降りかかって来ると言います。




    【死後の裁き ~あるお寺に伝わる死後の裁き】の続きを読む



    実家から離れた大学へ通うために、ある女性が一人暮らしを始めた。


    実家では門限が厳しく、高校生になっても19時までには帰宅するという決まりであった。晩御飯は家族揃って食べるという父の考えからで、門限を破ると厳しく叱られていた。


    【ペットが死ぬ家 -憑き筋の宿命?】の続きを読む

    このページのトップヘ