無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:定番都市伝説

    写真部に所属する男子学生が夏季休暇中の大学で、部室の暗室にこもってせっせと現像作業に勤しんでいました。








    【暗室】の続きを読む

    食品メーカーの調味料容器に関する噂。



    社内会議でのこと。調味料が容器から出てくる穴を少し大きくして、1回あたりの消費量を増やすことで購入サイクルを早めようというアイデアが出た。







    【調味料容器の穴】の続きを読む

    暴力団の内部抗争で、兄貴分を殺してバラバラにし、兵庫と岡山の山林に埋めるという事件が起こりました。



    遺棄された遺体は回収されましたが、両手首だけは見つかりませんでした。







    【手首ラーメン】の続きを読む

    冬山登山で山に入ったカップルが下山して来ないという通報があった。






    【雪山の二人】の続きを読む



    「サッちゃんはね~」



    のフレーズで始まる童謡サッちゃんではバナナを半分しか食べれらないという歌詞が出てきます。



    バナナを半分しか食べられない理由は、さっちゃんは事故に遭って亡くなってしまったからだと云います。











    【サッちゃん】の続きを読む



    「紫の鏡」



    という言葉を二十歳まで覚えていると、鏡の破片に全身を刺されて死んでしまうという噂があります。













    【紫の鏡】の続きを読む

    大学生の男女が深夜にドライブをしていました。



    車を走らせて、とある峠に差し掛かったときのことです。道路のど真ん中に誰かが立っているのを発見しました。







    【峠の少女】の続きを読む

    某研究学園都市での話です。





    男子学生がバイト帰りに、とある学生宿舎の前を通り掛かった時のことです。



    ふと、宿舎の4階を見ると、窓際に佇んで空を見上げている女の子が居りました。







    【星を見る少女】の続きを読む

    放課後の小学校でのこと。



    薄暗い夕暮れ時に、誰もいないトイレの個室に入ると何処からともなく無機質な声が聞こえてくる。



    「赤いマント着せましょうか?」



    「赤いマント着せましょうか?」





    【赤マント】の続きを読む

    若い女性が2人で某アジア国へと海外旅行に出かけた。



    昼間は観光地を一通り巡って、夜は食事をするために飲食店が軒を連ねる繁華街へと繰り出した。







    【最高のメインディッシュ】の続きを読む

    このページのトップヘ