無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:社会の闇

    ①自分はすこしどもりがちで、以前、同じ悩みを持った人達のサークル(言友会と言う全国的な組織)に参加したんですが、その時に配られた小冊子に「社会的にどもりの人達がどんな迫害をうけたか」と言った内容の記事があったんです。





    その小冊子に、関東大震災の時に日本語がきちんと喋れないと勝手に判断されて、吃音を持つ人達もかなり虐殺されたそうです。





    外国人受難の件は有名ですが、こういう事もあったのか・・・気が重くなりました。





    【関東大震災の虐殺 -どもりの人も被害に-】の続きを読む

    舞台となるのは、東○女子大学。女子大としては名門の大学です。

    ここの大学では卒業すると「あかね会」という団体に参加することが出来るそうです。

    会費をいくらか払えば卒業生ならば皆参加可能とのこと。





    【あかね会】の続きを読む

    『お母さん、大学に入って友達が沢山できたよ』



    引っ込み思案な娘からの電話で涙が出そうになった。



    『お友達ができて良かったねえ。4年間の学生を生活を有意義に過ごしてね。』



    それからしばらくして、娘は休学と復学を繰り返すようになり、1留が決まる。そして4年生になったある日、突然大学を辞めてしまった。



    退学を心配する母に対する、娘からの言葉は辛辣なものであった。『これからは〇〇様の使命に沿って生きるの。邪魔するなら親子の縁を切ります。さようなら。』





    【ボッチ学生を狙う偽装サークル】の続きを読む

    イスラームに批判的な内容が記された、イギリスの作家サルマーン・ルシュディーの小説「The Satanic Verses」。



    内容がイスラームに対して侮辱的であるという理由で、イランの最高指導者は小説の著者及び発行に関わった者に対して死刑宣告を言い渡した。





    この死刑宣告によって、世界各国で小説の翻訳者が暗殺の標的となる事態となった。






    日本では『悪魔の詩』として翻訳並びに出版にあたった筑波大助教授が惨殺される事件が起こったが、その殺人事件についての噂である。





    事件現場となったエレベーターホール



    【『悪魔の詩』 -殺害された助教授は暗殺を予感していた?筑波大に伝わる噂-】の続きを読む

    場末の居酒屋や屋台でアワビ、ウニなどの高級食材が妙に安く提供されていることが稀にある。





    こういった食材は正規の流通ルートではなく、卸業者を通さない別のルートから流れて来ている場合がある。





    非正規ルートの高級海産物は密漁によって供給され、暴力団の資金源ともなっている。







    【真夜中の密漁ダイバー -海女さんが迷惑する高級食材の密漁者-】の続きを読む

    風力発電に使用される巨大風車の近隣住人は、風車から発せられる低周波音が原因で体調不良に陥ることがあるそうです。





    低周波音は100Hz以下の空気の振幅波とされます。その中でも人間の耳では知覚できない20Hz以下の空気の振幅は超低周波音と呼ばれています。







    超低周波音は音としては知覚できなくても、振動や空気の圧として感じる取ることで、様々な健康被害が現れると言われます。







    【聞こえない音 -心身を蝕む低周波音の恐怖-】の続きを読む

    子宮頸がんワクチンの接種により健康を害して、学校に通えなくなる女子生徒が出るなど、ワクチンの副作用は社会的な問題となっている。





    製薬関係者の間では、重篤な副作用は注射を打つ部位にミスがあったからではないか?と噂されている。















    【子宮頸がんワクチンの副作用の都市伝説 -重い副作用はアルミニウムが原因か?-】の続きを読む

    このページのトップヘ