無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:社会の闇

    ①不着郵便がある時は郵便会社を疑って下さい。

    神奈川県の某郵便会社支店の社員から聞いた話では、誤配等で郵便ポストからあがってきた手紙は消印を見て日付が経っているとシュレーダーにかけるそうです。




    【届かない郵便 ~隠蔽に関する都市伝説】の続きを読む

    大気汚染の話題で、PM2.5というワードがニュースを賑わしている。





    PM2.5
    の話題が大きな関心を持って取り上げられるようになったのは環境省の仕掛けがあったという噂。








    【PM2.5 ~環境省の策略か?】の続きを読む

    富士青木ヶ原樹海は自殺の名所として知られ、無数の霊が集まるためか心霊現象が多発する最恐スポットとしても有名である。



    【樹海を歩く白い影】の続きを読む

    某国による日本人拉致によって、行方不明となっている人間はかなりの数に及ぶと言われる。





    その拉致被害者にまつわる話。





     





    【拉致被害者の元恋人】の続きを読む


    自殺者が所持していた遺品は、警察から遺族の元へと返却される。



     



    基本的に全ての遺品が返却されるのだが、首吊りの場合には自殺に使ったロープさえも返却されるという。





    【遺品の返却】の続きを読む



    関東某県と都内郊外の自動販売機では合鍵を使っていると思われる窃盗被害が定期的に発生している。




    【自販機の合鍵】の続きを読む

    ある都市の郊外で全身に無数の釣り針が刺さった犬の死体が発見された。

    近くに住む男性が飼い犬の散歩中に発見して、酷い虐待事件として近所の噂となった。



    犬の毛は血で染まっており、皮膚は所々破れている状態であった。犬の体に刺さった針には釣り糸がついており、糸は途中で切断されている。





    【釣り針の刺さった犬】の続きを読む

    私が小学生の時、実際体験した話。



    当時ソン○コン○という音楽雑誌で文通相手を募集し、文通するという事が流行っていた。







    【文通相手】の続きを読む

    その①

    赤目族』とは、関東を中心に活動する謎の一族である。



    彼らは国家機密により世間にはめったに顔を出さず、ある葬儀屋と一緒に仕事をするという。






    【赤目族】の続きを読む

    [その]
    一人暮らしして間もない頃呼び鈴が鳴った

    田舎から出てきたばっかりで警戒心などない僕はドアを開けた。すると四十過ぎのおばさんと若い女の子が立っていた。




    【赤い液体】の続きを読む

    このページのトップヘ