無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:社会の闇

    これは僕の父が体験(正確に言えば間接的)に体験したことです。





    35年前、僕の父は当時高校生で、恥ずかしい話不登校でした。平日の日中は家から50メートルも離れない海岸にある海小屋で、弁当を食べ雑誌を読んで時間を潰していました。









    【海辺の小屋】の続きを読む



    人身事故が多い駅では自殺者対策としてホームに流れる電車の発着音を変えることが多い。






    【ホームの電子音】の続きを読む

    超有名レスラーは、プロレスは一流であったが経営者としてはパッとせず、プライベートでの事業が失敗し、多額の借金を作ってしまった。








    【一流レスラーのSMショー】の続きを読む

    領有権を巡る日中の緊張が高まっている尖閣諸島について、中国が行っているという国際世論の誘導工作についての噂。






    【尖閣 我国領土】の続きを読む

    人間が感知することができる光の波長は380~770nmくらいの領域で、380nm程度の波長は紫色、800nm前後は赤色といった具合に可視光領域にある波長は様々な色として認識される。





    【見えない色】の続きを読む

     

    一昔前の電力会社の下請け企業では、路上に横たわるホームレスをスカウトして来て危険な原発作業に従事させていた。







    【原発40秒ダッシュ】の続きを読む

    生活保護受給者には高齢の一人暮らしの方が多く、人知れずお亡くなりになって市役所の保護課の方に発見されるケースは少なくない。












    【生活保護者アパートの不思議な水】の続きを読む

    遠洋に出て長期間の漁を続ける場合、閉鎖的な環境や対人ストレスから頻繁に争いが起こるので、船員をまとめる船頭の統率力が大切である。






    【船での事故死者】の続きを読む

    このページのトップヘ