無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:食べ物都市伝説

    スイス人の老夫婦がペットのプードルを連れて、中国の某所へと旅行に出かけた。

    現地に着いた老夫婦は昼食をとるために繁華街に店を構える中華料理屋に入った。


    【スイス人激怒!料理にされたペット・中国  ーセントバーナードは食用として輸入されている事実ー】の続きを読む

    ・開発者が語る雪見だいふくの都市伝説。


    「雪見だいふく」には「東京に雪が降るとよく売れる」という伝説があります。まさに「冬に売れる」アイスとして、冬期限定で発売することを今でも徹底するため、5~8月は販売を休止しています(※二個入りタイプに限る)。ロッテの場合、その時期には「スイカバー」の方がよく売れますからね。


    【インタビュー】株式会社ロッテ・渡邉和寛さん






    【冬に売れる『雪見だいふく』伝説】の続きを読む

    鮭マスの定置網には様々な哺乳動物が混入する。





    よく網にかかるのがアザラシやイルカで、動物保護の意識が緩い時代には毛皮のある海獣類だと殴り殺して皮を剥いで、財布にしたりコートにしていた。





    最近は取り締まりが厳しくなっており、バレると手が後ろに回るので、たとえ金を積んでもなめし業者も仕事をしてくれないという。









    【イルカヒレ】の続きを読む



    猫の出汁でラーメン、と言う話は本当にあった事件です。福岡県の某ラーメン屋(○九と言う今でも大変人気のラーメン屋)がそうです。





    20年ほど前の事でした。保健所の職員が立ち入り検査したところ、長浜ラーメンなのでもちろん豚骨と、そして猫の骨がスープの中から出てきたそうです。













    【猫のラーメン ~ラーメン版ミミズバーガー】の続きを読む

    このページのトップヘ