無味乾燥都市伝説

アニメや公務員の都市伝説・怖い話・海外の都市伝説を紹介しています。

    カテゴリ:ヒトノ都市伝説

    ある研究グループが、うつ病患者と健康な人の2つのグループに対して心理学的実験を行った。
    466050_cemetery

    被験者の前にあるのはボタンとディスプレイ。ボタンは被験者の気分で自由に押して良いという許可が与えられている。



    【現実の直視】の続きを読む

    人間は怒りの感情を抱くと体内で毒素が生産されます。

    そして、怒っている人の息を採取し、極低温で瞬間冷却すると、栗色の液体が得られます。



    この液体は猛毒で、試しにラットに注射すると、少しの量でも数分の内に死に至らしめる事ができます。







    【怒りの毒素】の続きを読む

    中世の宗教裁判などで、自白を強要する拷問法に、頭頂へツー…っと細い水を流しつづける、というものがあったという話を本で読みました。



    これだけ聞くと大した事ないようですが、頭部の一点に流しつづける水は、血行を妨げ、見た目からは想像もつかない塗炭の苦しみを生み出すんだそうです。本当にこんな方法、効くのでしょうか?





    ウォーターボーディング:水責めの一種

    2008年5月にアイスランドでコンドリーザ・ライス長官の訪問期間に行われた路上での抗議活動。アメリカでテロ容疑者に対してウォーターボーディングが行われていることに世界的な抗議活動が行われた。

    【精神破壊系の拷問】の続きを読む



    とある大型スーパーの青果コーナーではリンゴが山積みされている。





    そこに毎日のように通って来ては、数十分間は張り付く初老の男性客が居た。






    その客は一個一個リンゴを手に取って、鼻に押しつけ気味にクンクンと匂いを嗅いでいる。





    【クンクンクン -リンゴの匂いを嗅ぐ初老の男-】の続きを読む



    トイレに行くのが面倒だからという理由で、自室で小便を済ませてしまう人間が少なからず居る。





    そういった人々は、ネットゲームにハマっている訳でもないがペットボトルに小便をして部屋に貯め込んだり、窓から放尿するなどして、自室で小便を済ませてしまうのである。



    ときに花瓶にして窓から捨てたり猫砂にするケースもある。






    噂の域を出ないが、日常的に部屋で小便をしている人は10年以内に何らかの精神疾患を患う可能性が高いという話がある。







    【部屋での小便 -精神疾患との関連性-】の続きを読む

    泥棒のジンクスに「糞が温かいうちは捕まらない」というのがある。





    出した直後の大便は温かいが、数分持つか持たないかで冷めてしまう。



    泥棒犯の心理として、ついつい欲が出て長時間、忍び込んだお宅を物色しがちであるが、家に忍びこんだら大便が冷めない内、つまりは手早く仕事を済ませろという戒めの言葉であったとされる。









    【「糞が温かいうちは捕まらない」大便と泥棒】の続きを読む

    新聞記事:神戸市東灘区のJR住吉駅で、時速百キロもの猛スピードで通過する新快速電車から男がホームに飛び降り、立ち去っていたことが三日、兵庫県警の調べで分かった。



    現場となったJR住吉駅

    ファイル:JR-Sumiyoshi-pf.jpg

    【時速100キロの新快速から飛び降り、平然と去る JR住吉駅:神戸新聞ニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ